住まいに屋上緑化を設置する

住まいの屋根に工夫をすることもできます 日本では南にある沖縄よりも東京や大阪の方が気温が高くなることがあります。沖縄は自然の影響が多くなるでしょう。東京や大阪は都市部です。コンクリートやアスファルトなど人工的に作られたもので町が覆われています。これらは熱を反射することがありそのことからヒートアイランドの状態になることがあります。暑くなればその分涼しくなるための電気が必要になります。

町全体が問題なので町全体で考える必要がありますがそれぞれの住まいが対策をとることで多少ましになることもあります。その一つとしてあるのが屋上緑化です。一般的な住宅の場合は屋上には屋根が取り付けられています。瓦が主流でしたが近年は軽くて水はけのよい素材が使われています。太陽光発電装置を取り付けていることもあるでしょう。

屋上緑化の場合は屋根にあたる部分に自然の植物を植えます。それによって住宅内に屋根からの熱を入れない、抑える効果があります。いくら素材をうまくしても屋根の熱を吸収するのは難しかったようですが、自然の緑であればそれなりに吸収してくれます。壁を緑化するのはつる性の植物などで行えますが、屋上緑化のためには屋上に土を入れたりする必要があります。通常とは異なる施工が必要になります。

Copyright (C)2019住まいの屋根に工夫をすることもできます.All rights reserved.